『湧』<blog magazine> nishitakesi

読み物、情報を発信するWebマガジン

【チベッタン・ヒーリング:梅野泉】番外編_チベット古来の智慧「ボン教」に 学ぶいのちの輝き

f:id:jiyusha:20190702222451j:plain

自然はインスピレーションの宝庫。不可視の世界の入り囗として、私たちの前に立ちあらわれています、生命の神秘と、存在するものすべての秘密を静かに開示するかのように。宇宙も。この身体も、存在するものすべては「地・水・火・風・空の五大元素のあらわれである」と意識のチャンネルを切りかえるだけで、自然のダイナミズムは私た
ちの中へと流れこみ、人は「素のいのち」を輝かせることができるこれは、そんな豊かさをもたらしてくれる、チベット古来の智慧を伝える本です。

f:id:jiyusha:20190702223045j:plain

「素のいのち」とは私なりのニュアンスを込めた表現ですが、チベットの伝統ではこれを「心の本性」と呼んでいます。そして、真の意昧での健康とは、この「心の本性」に留まりっづける状態にほかなりません。そのとき、地・水・火・風・空のバランスは完璧なのです。
 ちなみに本書では、いのちの誕生は意識と五大元素の力の結合であり、死はこれが空に溶けこむ現象、と説かれています。意識だけが、連続性をもって転移してゆきます。五大元素のあらわれとしての「生」を自覚的に生きることで、「死」もまた霊的成長への道となる。この明快さはすがすがしくさえ感じられます。

 著者は、チベットに仏教が伝来する以前のボン教の教えを現代に伝える数少ない師です。ボン教は実に多層的で、暦、占星学、医学、さらにタントラ、ゾクチェンまでをも包括しています。ここでは、自然界の生の力をとり入れるシャーマニックな技法、身体内のエネルギーを活性化・調整するタントリックな技法、そして究極の教えであるゾクチェンが紹介されています。その全貌は、雪解け水が大河となり海へと流れこむ豊かさです。この水を飲み、技法を実践することで、深い気づきがもたらされ、いのちの力がみなぎることでしょう。もとより備わっている「素のいのち」を輝かせる可能性は、誰もが秘めているのです。 

(文責は梅野泉)David MarkによるPixabayからの画像

チベッタン・ヒーリング―古代ボン教・五大元素の教え

チベッタン・ヒーリング―古代ボン教・五大元素の教え

  • 作者: テンジン・ワンギェルリンポチェ,Tenzin Wangyal Rinpoche,梅野泉
  • 出版社/メーカー: 地湧社
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 14回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る