『湧』<blog magazine> nishitakesi

読み物、情報を発信するWebマガジン

【湧】人間の自然能力No12

f:id:jiyusha:20190811215608j:plain

永沢  それは、どういうことですか。
竹居  音楽の世界でいうところの半音、正音です。宇宙には波がありますか。それは音に表すことができます。その波の中に半音の波と正音の波があるわけです。そして、発声する音の波と体の場所が、つながっているんですね。そうすると、母音のアイウエオは、それぞれ腰椎の五つ。五本の指につながっています。さらに言えば、五つの天体ともつなかっていると私は思っています。
 例えば、野口先生が言っておられる「太陽に向かって吸気せよ」という朝の吸気は、やってみれば丹田に入るとわかります。月を見ていると、眉間が開いてきて鳩尾(みぞおち)が緩んできます。そうするとその腰椎とつなかっている指はどれというのが自ずと出てきます。地球の気は冲。ですから地球の気を受けると大地に足がついて軸が立つのです。そんな風に自分の体で試してみれば、わかってくることなのです。
永沢  先程宇宙のリズムとあっしやいましたが、野口先生の本の中では、生命の波というのが大きなテーマだったのではないかと思います。波と言った時に、気の波、水、体の波などというものが何重にもなっていて、その関係を脈で診るということがあるように思うのですが、その考え方の背景にな’つていることについて伺いたいのですか。
竹居  水の波というのは。脈。具体的に体で言えば、それは時間的身体と関わっています。気の波は、空間的な身体と関わっています。
 一息四脈と言いますが、一息の息の方は気の波、四脈の方が水の波です。その一対四は、生命の不文律と言っていいと思います。そうすると一年の四季、十二ヵ月、一ヵ月の週の数など、ぴったりではないにしてもほとんど四で割り切れるでしょう。引き潮も満ち潮も一日にだいたい四回、それぞれ二回ずつ来ると言います。一対四が気と水の波の割合だと思えば、基準としてはよいのではないでしょうか。
 脈には。打つ脈と引く脈があって、ドッキンドッキンのドにアクセントかおるのが打つ脈で、キンにアクセントがあると引く脈です。脈は本当に月の満ち欠けと潮の満ち引きと一緒に動いているんですよ。
 その打つと引くの間に聞がある、その間で空間的身体か出てきます。宇宙の流れ、リズムにうまく乗っていない時には、体のどこかに杢調和が出てくる。その時にこの間、空間的身体で調整するのです。ということは、外路系の問題になるのです。
 その不調和は、体癖、もって生まれた体の癖によって、呼吸器に出たり肝臓に出たりと違います。呼吸器の病気になりたくてもなれない体があるのです。そしてその体癖を超えれば、何があっても調和が取れるようになると言います。体癖を乗り超えたところで人間は自然になれるんですね。癖があるのが自然ではなくて、恐らく、それを超えることができて初めて個性が出てくるわけですね。体癖的な動きをしている間はそれは個性ではないんです。
 よく。あの絵かきはたいしたものだけれど癖がある、でもそれが個性だと言いますが、私はそれは間違いだと思います。体癖を超えてこそ、個性が出るのですが、そこまでの大というのは、それこそ一世紀に何大もいない天才ですよね。たいていは体癖がその人の特徴、個性だと思ってそこに甘んじてしまっています。ですから体癖を超えるということは、人間の理想と言えると思います。
 野口整体で言う体癖には左右型というのがありまして、それには右と左が違うという特徴があります。でも感受性がそれを乗り超えるだけのきめ細やかさをもっていれば、左と右が廚っていなくてもいいのです。その癖を乗り越えるというのは、揃っていないものを揃えるというよりは、全部を使うことでできるのではないでしょうか。
(1997年11,12月号「湧」再掲)