『湧』<blog magazine> nishitakesi

読み物、情報を発信するWebマガジン

【湧】人間の自然能力No10

f:id:jiyusha:20190809224742j:plain

家村  この間。竹居先生のワークショップで、何かが来た時に抵抗するのではなく迎え入れるということを話されてましたよね。今のように子どもという別の生き物が体の中にいるという状態。それ自体がものすごく、迎え入れることをしていると感じます。そのことを自然な形でいろいろな角度から、教わっていますね。
 いつもは何となく自分が全部コントロールしているつもりなんですが、お腹の中に子どもが居ると自分がコントロールできない部分が体の中にもっで、逆に向こうが自分をコントロールすることもあったりして。迎え入れないと一緒にいられないという状態がずっと連続しているんです。そういう感覚が自分の中に残って、生まれてきた後もそのまま続いているような気もします。
竹居  一度インプットされたものがあれば、あとはそのまま動いていけばいいはずなのです。けれどあまりにもいろいろなものが情報となって識別の世界が私たちの中に入ってきますから、いつの間にか、またそっちに流されていくのですよね。ですから、常に}番本能的なところが鈍らないようにする努力か、今の世の中では必要でしょうね。
増田  その迎え入れるというワークショップを簡単に説明してください。
今村  あの時は、子どもたちが主になったワークショップでした。だいたい2、30人くらいがニメートルほどの間隔で横に並んで、裏山から採ってきた1メートル20センチくらいの長さに切った竹の棒を、次々に投げて受け渡しをしていくのです。その時に竹の槹を持った人は投げ渡す相手に向かって、「誰々さんいきますよ、投げますよ」と言う、それに対して相手が「はい、どうぞ」と言うのを聞いて投げるのです。相手はそれを受ける。たったそれだけのことですが、相手の「はい。どうぞ」も聞かないで「誰々さんいきますよ」と言った時にはもう手を離している大もいたりして、思ったより難しいのです。こちらの「投げますよ」。相手の「はい、どうぞ」で棒が出ていくような、そういう間合いの呼吸というのでしょうか、それは、自分が意識してそうするという感じではないんですよね。むしろ竹の槹の方が意識的に出ていくような……。
竹居  そして投げた後も、その相手が受け取るまで見ているのです。
今村  次に意識が行ってしまっている大は、相手が受け取ったことを確認せずに次の棒を渡す方に向いているのです。大と大がきちんと向かい合って、きっちり受け入れて渡していくということがいかに大切か、そしてそれを普段の生活の中でいかにしていないか、本当によくわかりました。
 そのワークに参加した大の中に、左官屋さんがいたんです。彼はその前から、中高校生だちと一緒に土間作りをしていたのです。それまで彼は、子どもたちを引っ張っていってこっちをやれ、あっちをやれと言って仕事をしていました。
 それが、竹居先生のそのワークを受けた途端、すっかり変わってしまったのです。人との関わり合い方がそれまでと全然違って、相手を拒絶するでもなく引っ張るでもない関係でありながら、その中でうまくキャッチボールができているような関わりに、そのワークを受けただけで彼は気づいたのです。
増田  それは、普段の生活では竹がなくてもそういうキャッチボールができていないといけないということですね。
(湧1997年11月・12月号再掲)Speedy McVroomによるPixabayからの画像