『湧』<blog magazine> nishitakesi

読み物、情報を発信するWebマガジン

【チベッタン・ヒーリング:梅野泉】No11_風の話をしよう。風のように速い緑ターラの話をしよう。

願えば、風は吹く。窓を開ければ風は吹きこむ。
願うということは、心の窓を開けるということです。
自分ばかりに意識が向かっていると、窓を開けるということも忘れてしまい
心に新鮮な空気が流れてきません。
そういう状態が続くと酸欠です。
ときとしてぎりぎりの状態まで気が付かないときがあります。
そこで、もう駄目だ、となって助けを呼ぶ。
助けを呼ぶというのも勇気がいります。
自意識を振り払う勇気です。
若い頃は、助けを求める、など、思いつきもしませんでした。
自意識でがんじがらめに自分を守り固めていたのです。
そういう時代の風が吹いていたのです。
渋谷や新宿のジャズ喫茶に背中を丸めて入りびたり
自分を閉ざしていることが行動や姿勢からもたやすく読み取れる
窓の閉じ方でした。
酸欠となり多くの苦しみを舐め、失敗をしてきました。
最も苦しいさなかに,まるで事故のように出会ってしまったのが
来日中のチベットのラマだったのです。
そこで、風穴があいたのです。
まさに、風穴でした。
頭頂部に穴が穿たれ、意識の窓が開かれたのです。
その窓が、風の通り道となりました。

五大元素のなかで、風は4番目に数えられます。
地水火風、そして空の順。
地はいかにもどっしりとした重さ、安定感を感じさせ、
風は自由自在で軽やか。
風の元素は色で言えば緑。
日本語でも緑の風、緑風というように、風は感覚的にも緑なのですね。
緑ターラはこの風なのです。
呼べば風のように素早くあなたのもとに来てくれる。

f:id:jiyusha:20190723213332j:plain

緑ターラ

森に行くとき、私はいつも緑ターラを意識します。
緑の木陰にくつろぎながら、淡い緑から深い緑まで
さまざまな緑が風に戯れてキラキラ揺れているのを見るとき
光の粒となって無数の緑ターラが雨のように降ってくるのを感じるのです。
風がぴたりとやんだときなどは、風のマントラで風を呼び寄せます。
すると、すぐさま近くの樹の葉が、最初はかすかに、
それからだんだんに大きく揺れ始めて、私の頬をかすめてゆき、
風が起きたことが分かるのです。
そんなときも、風の元素と、緑ターラに感謝します。

チベットでは、ターラはすべての仏の母として、
観音菩薩の涙から生まれた娘として、
女性の姿をした菩薩として、
大変な信仰を集めています。
ターラへの信仰によって救われたという奇跡も身近に耳にします。
緑ターラはすぐに、いつでもどこへでも駆けつけることが出来るように
右足を下におろした姿勢で描かれています。
ターラには21尊ターラがそれぞれの特性で顕現されており、
その代表格が緑ターラ、そして白ターラの2尊です。
21尊ターラは五大元素の現れてとして、その強弱により、さまざまな働きを成就されます。
緑ターラは、風の働き。
風を感じながら、緑ターラを身近に感じてみると、暑い夏も心涼しく乗り切れそうですね。

最初はこちら

www.jiyusha.net