地湧社『湧』<blog magazine>

地湧社の読み物、情報を発信するWebマガジン

【ポエタロ:覚和歌子】「線」ショートショート・エッセイ 

現代詩の領域から見ればポップスの世界で作詞の仕事をする私はよそ者なのだと思う。

自由詩:作詞の仕事比率は6:4ぐらい。

f:id:jiyusha:20190624225306j:plain

一方音楽業界からは「千と千尋」主題歌作詞のイメージのせいか恋愛の詞を書かない作詞家だと思われている。

恋愛詞:それ以外の詞の比率は7:3ぐらい。

さらに言えば「千と千尋」の主題歌「いつも何度でも」は私の有難い名刺だ(特に外国の認知度が高い)けれど、私はほとんどのアニメは苦手だ。

世間が描いた線引きは自己認識と違う!と言って抵抗するもよし。

枠のうちそとを行き来してのらりくらり生きていくのもよし。

(ポエタロガーデン 再掲)foxseasonによるPixabayからの画像