『湧』<blog magazine> nishitakesi

読み物、情報を発信するWebマガジン

【ポエタロ:覚和歌子】「すきま」ショートショート・エッセイ 

f:id:jiyusha:20190613213548j:plain

いっとき「すきま(=ニッチ)詩人」と呼ばれていた。

詩人が普通ならあまりやらないことをやってばかりいたからだ。

例えば、物語詩とその朗読アリア付き舞台化。

スチール写真で長編映画作り。

おひとりさま連詩。

ポエムタロットカード。

メジャーとポピュラーとマニアにまだ塗りつぶされていない処女地。

そこに踏み入りながら「あまねくもの」に触れること。

神はすきまにこそ宿る。

(ポエタロガーデン 再掲)Stefan KellerによるPixabayからの画像

※金曜日は紅露工房便りですが、今週はお休みさせていただきます。