『湧』<blog magazine> nishitakesi

読み物、情報を発信するWebマガジン

【湧】エネルギー生産性(自然エネルギーの再生産力)

~人間が図る「生産性」に、踊らされる人間~

f:id:jiyusha:20190508220236j:plain

 上海から洛陽まで二十時間ほどの列車の旅をした。朝目がさめると徐州であった。あたりは行けども行けども広い広い、畑々々々である。ちょうどこの数百キロメートルの間はほとんどが麦畑で、窓の外は季節が順番に出てくるように、耕起前、耕起中、種まき、そして洛陽に着く頃は発芽したてのうす緑色と変化していた。
 感嘆したのは耕起中の畑の風景である。一つの鋤を子どもも交えた七、八人が体を斜めにして懸命に引いている。どの畑もどの畑も同じようにやっているのである。たまに五十組に一つくらいは牛を一〜二頭使っているものもある。聞くところによると、この地帯はかつてトラクターを使った大規嗅農業をめざした時代もあったが、必ずしも生産が上がらず、その後の改革で畑を家単位に分割した結果、人力主体の農業になっているのだという。
 今我が国の農業の方向は省力化、集約化によって国際競争力をつけようとしている。しかし、エネルギー生産性(自然エネルギーの再生産力)で計算すると、人力農業と畜力農業と機械力農業の比は40対7対1で、人力が最も優れているといわれている。つまり、化学肥料、農薬、機械など石油に代表される持ち込みエネルギーをもとでに近代機械農業は成り立っているから、売り上げが多いのに利益の少ない会社に似ている。ましてや石油、原子力などの持ち込みエネルギーは自然からの借金であると考えれば、その累積赤字は測り知れない。
 日頃からエネルギー生産性の高いところにしか真の富はないと思っている私に、この中国の農村風景は大いなる安らぎを与えてくれた。  (MM)

(月刊「湧」1987年11月号 再掲)Sasin TipchaiによるPixabayからの画像