地湧社『湧』<blog magazine>

地湧社の読み物、情報を発信するWebマガジン

【湧】金環食

~まだ、人生で金環食は見たことがありませんが~
f:id:jiyusha:20190421234245j:plain

 名月の十五夜が近づいている。「左が欠けていれば上弦の月、右が欠けていれば下弦の月、欠け方は上下でなく左右で区別するんですよ」。親しい人と一緒に月に出会うと、きまって私の口ぐせが出てしまう。月を見て咄嗟に上弦、下弦がわかる人は少なくなった。月の見えない所で今日の月齢はと問われて答えられる人は更に少ない。それほど天体は我々の暮しから遠のいてしまった。

 さて、九月二十三日は新月である。その日沖縄では金環食が見られる。本邦では今世紀最後だというから、さぞかし沖縄便はマニアでいっぱいだろうと、旅行会社に問い合わせたら、満員ではない、むしろシーズンオフだから安い切符があるという。こんなことに熱心になる自分はおかしいのかと考え込んでしまった。

 三十年前、私は感動の日食を見た。見たというより体験したと言った方がよいかもしれない。その日、ローソクの油煙で黒くした板ガラスを通して、月に蝕まれていく太陽に見とれていた私は、ふと地上に目をやると、木漏れ日が三日月形をしているのに気づいた。あのハリ穴写真機の原理である。思わず歓声をあげながらいちょうの並木道に出てみると、一面に何百何千の三日月形の影絵が輝いている。それが風に吹かれてきらきらと揺れ動いている。長い間全身を無数の三日月太陽に包ませて、わけもなく感慨に耽ったその日を私は今でも鮮明に覚えている。

 その日食がやってくる。今度のは金環食だ。木漏れ日は環を作るのだろうか。木陰の大地一面にダイヤモンドリングがふりまかれるのだろうか。この世紀の天体と自然の共演を見逃すわけにはいかない。 (MM)

(月刊「湧」1987年9月号)