地湧社『湧』<blog magazine>

地湧社の読み物、情報を発信するWebマガジン

【湧】地球ぐるみのバイオエシックスを

~映画のような話だが、全体で把握が大切~

f:id:jiyusha:20190324234548j:plain

 バイオエシックスは一般には「生命倫理」と邦訳されている。

 先日、産業医科大学の主催で『バイオエシックスを考える研究会』という会が開かれ、招かれて出席した。最初は医者でも専門家でもない私がどうしてこの会に呼ばれたのかという思いと、バイオエシックスという言葉に接するたびに何か心隠やかならざるものすら感じていたのでその出席をためらった。バイオエシックスというこの単語はたいてい臓器移植、試験管ベビー、男女産み分け、遺伝子組み替えなど医学の先端技術の問題と一緒に出てくるので、進歩という名のもとに結論を強いられているような気がしてならないからであった。しかし、このような思いは杞憂であった。

 この研究会では様々な立場や視点から発言があり、私なりに要約すると、「バイオエシックスの問題はもともと発生の段階から個体レベルの『生存』追求に偏っているきらいがあり、このままだと局所的議論に終わってしまい、生命全体の問題解決力とならないし、むしろ事態を悪化させることにもなりかねない。原爆や環境汚染などによって地球全体がどうなっているか、ということも含め専門家だけでなくみんながそれぞれの哲学で考える時代がきている。『生命』全体を育む文化として、バイオエシックスをとらえれば、芸術や宗教などあらゆる分野の、いのちを愛する“良き営み全部が含まれる”ということになろうか。
 バイオエシックスの問題は誰でも参加できる、あるいは既に誰もが参加しているのだ。この会の主催者の意図はそのようなところにあったように思えた。  (MM)

(月刊「湧」1987年1月号)Raman OzaによるPixabayからの画像