地湧社『湧』<blog magazine>

地湧社の読み物、情報を発信するWebマガジン

【湧】認識方法

~薬漬で漢方憧れますが、医者の腕次第?~

f:id:jiyusha:20190317224658j:plain

 東洋の文化と西欧の文化との間にある認識方法の違いに驚かされることがある。ことに医学の世界ではこの違いが顕著で、治療を受ける側では戸惑うことが多い。

 私事に瓦ってしまうが、ひと昔前に私の妻が胃ケイレンにおそわれたことがある。その時、妻は妊娠の初期にあり、何としてでも投薬は避けたい時期であった。幸い近所に希代の名医で東西の医学に通じた間中喜雄氏がおられ、氏の鍼術を受けることができ、たちどころに激痛がおさまり薬なしで完治し事無きを得た。この時の鍼治療はまるで手品を見るようで、そこで味わった不思議さと喜びは忘れられない。

 生命への認識方法が違う東と西の医学の問には、同じ症状でも治療の方法に大差がでるのは当然であろう。我が身の治療として東西の医学どちらを選ぶかは難しい、ときにはいのちがけの選択となる。だが思想を比較する具体的な材料として見れば興味は尽きない。

 ところで医学に限らず東洋的認識方法は、合理的計量的思惟に乏しいので近代の価値観と相反する面が多い。また管理しにくいので政治からも学問からも敬遠されがちである。かつて西欧のある歴史学者が、東洋の歴史に「無能」というレッテルを貼って、論議を呼んだこともある。
 しかし、最近この流れが変わり目ざとい人々が東洋は知恵の宝庫だと気づきはじめた。この宝庫を掘りあてるには鍬はいらない。自分自身の認識方法を疑うだけでよい。(MM)(月刊「湧」1986年8月号 再掲)