『湧』<blog magazine> nishitakesi

読み物、情報を発信するWebマガジン

【ポエタロ:覚和歌子】ショートショート・エッセイ 「鏡」

~凄い作品が生み出される瞬間とは~

f:id:jiyusha:20190309094444j:plain


「が=我」を消すと「かみ=神」になるというのは、
よく言われています。

神社の本殿に丸鏡があるのは、だから「自分の中に神がいる」ということを意味しているのだと思います。


「神」に出会うには、
瞑想などによって自分を見つめることを深めていく方法と、
きっかけがあって(作って)瞬間でアクセスしてしまう方法とありますが、
創作表現においてはそういう小我を超えた位相でアイディアが生まれないと意味がないような気がします。

「才能」なんていう概念は、作品が生まれるダイナミズムを何も説明していないんだよね。

(ポエタロガーデン 再掲)