地湧社『湧』<blog magazine>

地湧社の読み物、情報を発信するWebマガジン

【コウ】スピリチュアルと知性主義_09

標高が上がるにつれて風も冷たくなり、蛇のようにくねりながら延びる坂道を登れば、雪に包まれたヒマラヤの山脈を両脇にして、小さな町が見えてきます。標高は3100メートル、旅の目的地のバドリナートに私は到着したのでした。チョーター・チャールダー…

【チベット:永沢哲】No1_自然なプロセスに内在する智慧 ~生命にきっちり依拠できれば他には何もいらない~

チベット仏教が伝承する覚醒の道を説いた『ソクチェンの教え』(ナムカイーノルブ著)の訳者、永沢哲さんがチベット仏教に出会ったのは、実は野口瓏似氏が創始した野口整体からのつながりであったということです。近況をかねてその辺りのお話を伺っていたら…

【湧】青い目の密教僧

~何事も体当たり、でもムービーとフィルムが違うとは~ 長い歴史の中で女性を遠ざけてきた真言密教の本山高野山で、外国女性としては初めての尼僧が誕生した。スーザン・ノーブル・タナカさんが高野山尼僧修道院に入学したのは一年前である。連日朝二時から夜…

【紅露工房便り】ある朝のこと ~西表島より~

こんにちは。 先日、久しぶりに爽やかな風の吹いた朝のこと。 昭子さんがささやかなお茶会を開いてくださいました。涼しげな色のお菓子と目が覚めるような濃いお抹茶でのおもてなし。 ともすれば忙しく過ぎて行ってしまう朝の時間がちょっとした心遣いで特別…

【湧】縄文人の湧水

~人間の欲望と自然との共生とは。。。~ 八ツ岳南麓の信濃境近くには、六千年の昔縄文人が住んでいた。縄文人がこの地域に居を構えた理由は、何よりもこの周辺には良質で豊かな湧水がたくさんあったからであろう。 いま湧きでている水は、数十年前に山に降っ…

【チベッタン・ヒーリング:梅野泉】No4_誕生とは五大元素の結合。いのちは地水火風空が結び合って生まれた。

私は両親の介護をしているとき、時々どうにもならなくなって何をするのも嫌になって「人間てなんなんだろう?」「いのちって、何?」と考えました。まるで独り言を言うように、です。つらすぎる場面がいくつもあったのです。どんどん衰弱していく親を介護す…

【ポエタロ:覚和歌子】「毛布」ショートショート・エッセイ

~そっと、かけてくれる人は、、、~ 粗織のちくちくするような純毛の毛布が好きだ。 何台もの織り機を前にして、大勢で織る時の仕事唄が聴こえてきそうな気がする。 それより好きなのが毛布の比喩だ。 子守唄の中で、夜や星空はときどき毛布になって、眠りた…

【コウ】スピリチュアルと知性主義_08

大学の4年間を通して、私は次のことを知りました。学びを深めれば深めるほど、確かに知り得るものなどはなく、個人が知識として得ることができるのはごく限られた小さな領域なのだと。後の世の情勢にも現れるようになることでしたが、どれだけ研究者の努力…

【coffee break:お題】職種と組織の適合性

人はなぜ迷うのか。仕事の職種に関して、まずはそこを書いてみた。 目次 職種の適合性 もっと、昔と比べると まとめ 職種の適合性 大きなことは、自分の仕事、まずは職種である。やりたいことが職業になる人もいる。20年以上前、大半の人は、情報誌を見なが…

【湧】生命を継承するものの叫び

~責任を取りたくない権力者が引き起こす隠避~ 生命に危害を加え始めた原子力発電の実状を訴えた本誌増刊号『まだ、まにあうのなら』が増刷を重ね、ついに十五万部を突破した。三万部を越えた頃から加速度をつけ日に日に出足が速くなっている。 原子力事故の…

【紅露工房便り】お日様をねらって ~西表島より~

こんにちは。 梅雨の季節、雨が多くむっとした空気の毎日が続いています。 一日中同じ天気の日は無く、一日の中で何度も空模様が変わります。家から工房に車で向かう10分間で、雨、晴れ、曇りの天気を通ることすらしばしば。 そんな中、お日様がでている時を…

【湧】観光地

~最終的には、観光地も心の問題~ 大分県の山中にある由布院温泉は天然自然と人の心に恵まれた超一級の観光地である。この地を訪れる人は火山性の山々の精気に包まれて、居ながらにしていのちの蘇生力を感ぜずにはいられない。それに加えて茅葺や瓦屋根の木造…

【チベッタン・ヒーリング:梅野泉】No3_死とは五大元素の溶解

愛を語る前に死を語らなければなりません。死が、五大元素を知る近道だということに私はハッとしました。愛は、私にとって、死の先にあるものだったのです。 1985年、私は一人のチベット人僧侶に出会いました。それはまるで事故としか呼びようのない衝撃的な…

【ポエタロ:覚和歌子】「酒」ショートショート・エッセイ

~酒、やめました~ お酒を飲むと訪れる全能感が楽しくて、二日酔いを通り越し三日酔い四日酔いしていた20代。 若い身体は大きな不調も起こさずに、安いアルコールをなみなみと受け入れてはせっせと代謝してくれていた。 お酒が見せてくれたかりそめの理想形の…

【コウ】スピリチュアルと知性主義_07

次の進路を探しているうちに、私はアメリカのリベラルアーツ教育について知りました。いわゆるアメリカの名門大学では、全人的な教育、人間的な側面を十分に伸ばすことを理想とした教育が行われているのだということでした。そこではスキルの養成や就職より…

【coffee break:お題】母の日に朝ドラ「おしん」と「姥捨て山」に思うこと。

今週のお題「母の日」なら、楽しい思い出のブログとなるはずだが、歳を取り始めると徐々に現実が見えてくる。 朝ドラマニア 母の日 まとめ また、同じ画像ですまないっす 朝ドラマニア 今、朝ドラマニアとしては、おしんが始まり、ヨダレが出るような状況で…

【湧】女人味

~21世紀になった、今、女人味はあるのだろうか~ 最近中国で知り合った女性新聞記者の蘇敏さんから一冊の中国の若い女性向け雑誌が届き、そこには彼女が書いた記事が大きく掲載されていた。その記事はある日本女性との出会いを契機として、蘇さん自身が女性…

【紅露工房便り】いとしの小物たち ~西表島より~

こんにちは。ここ数日、お天気の優れない日がぐっと増えました。大型連休も終わり、そろそろ梅雨がやってきます。ふと、工房で何気なく使っているものに焦点を当ててみると、端切れや古くなった布を使って作られたものがよくあります。 ここではものを最後ま…

【湧】エネルギー生産性(自然エネルギーの再生産力)

~人間が図る「生産性」に、踊らされる人間~ 上海から洛陽まで二十時間ほどの列車の旅をした。朝目がさめると徐州であった。あたりは行けども行けども広い広い、畑々々々である。ちょうどこの数百キロメートルの間はほとんどが麦畑で、窓の外は季節が順番に出…

【チベッタン・ヒーリング:梅野泉】No2_五大元素と虹の身体

五大元素、ってあまりなじみのない言葉ですね。日常会話で、ほとんど使われません。これが日常的に使われるようになるのが私の夢です。なぜなら、五大元素で物事や現象を見るようになれば、人類の意識は大きく変わり、平和で安らぎのある世界をもたらすこと…

【ポエタロ④解説シリーズ】ポエタロの引き方

もちろん最後は、ポエタロの引き方です。 1.オラクルカードとは?2.なぜ、ポエタロ? 3.ポエタロとは4.ポエタロの引き方 【カードを引く前に】 ①呼吸を静かに整えて、心身のリラックスを感じてください。 深呼吸してみてください ②ひとまとめにした…

【コウ】スピリチュアルと知性主義_06

修行といっても、何を目指しているのか?これは短く答えるのが難しい点です。文字や数字などの表象からの伝達に依らない、解釈の余地を挟まない真実を求めている、とでも言えばいいでしょうか。 この真実は特定の宗教や宗派を超えて、全て真の宗教、哲学、そ…

【coffee break:お題】GWの悲惨

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 今週は特大GWということで、書き手がいなくなり(中小、いや極小企業ですから)、月間(←月刊でしょ)ゆうから、2日連続でブログが私に回ってきてしまいました。「働き方改革」が悠然とお国から指摘されている中、…

【coffee break:月刊ゆう】2019年4月の(勝手に)ベストスリー

ふと、気が付くと4月も終わっていました。皆さんが楽しみにしている「月刊ゆう」をやります。(ちょっと、強気だね) ジャジャジャジャァ~ン、第3位です。 ジャ、ジャジャジャァ~ン、第2位です。 ジャ、ジャ、ジャ、ジャァ~ン、栄えある、第1位は! …

【紅露工房便り】進行中 ~西表島より~

こんにちは。 ゴールデンウィーク真っ只中、元号が令和に変わり新しい時代の幕が開けましたね。工房は10連休ではありませんが、普段通りにゆったりと過ごしています。 こちらは最近試織をしている布の一部です。 野蚕のシルクと芭蕉の糸を使用していますが…

【湧】佐藤さんの庭

~都会では、少し自然を感じる庭も贅沢ですが、、、~ 「なんと季節感のないところへ引越してきてしまったんでしょう」としきりにぼやいていた妻が、数軒先にかわった低い石垣のある家を見つけ、そこのご主人に中の庭を見せてもらったという。とにかく面白い庭…

【チベッタン・ヒーリング:梅野泉】No1_五大元素にまつわる愛の物語

愛は水、器に従いその形をとる。 地水火風空の五大元素で言えば、私は水。 五大元素がもたらす人間にとっての幸福と不幸。 愛、悲しみ、不安、怖れ、怒り, 執着、そして欲望・・・ そのさまざまな様相を小さな物語のようにつづってみたいと思います。 まずは…

【ポエタロ③解説シリーズ】ポエタロとは?

またまた続きで、「ポエタロ」とは、どんなカードなんでしょうか。 1.オラクルカードとは?2.なぜ、ポエタロ?3.ポエタロとは4.ポエタロの引き方 真剣で切実な問いかけを持っている人が、任意で引く、短い詩の文言の書かれた47枚のカードのことです…

【コウ】スピリチュアルと知性主義_05

もし、私に「普通」でないことがあったとしたら、中学生くらいの頃から、私が考え続けてきた問いかもしれません。私たちはいかに生きるべきか?いかに善く、美しく、真実に近く生きることができるか? そのための知識、導きはどうやって手に入れるのか?これ…

【coffee break】中国人の医者に「お前、死ぬぞ!」と言われた血圧(お題:私の生活習慣)

また、書いてしまうが、星野源さんと同様に酷い目にあったが、一つだけいいことがあった。血圧が下がったのである。 目次 中国での生活習慣 中国の健康診断 いよいよ、帰国 その日 中国での生活習慣 20代までは低血圧だった。上は100いくかいかないかぐ…