地湧社『湧』<blog magazine>

地湧社の読み物、情報を発信するWebマガジン

機関誌『湧』

【湧】人間の自然能力No16

今村 以前竹居先生にワークショップに来ていただいたのは、丹沢の農家を改装した寮なのですが、本来なら泊まるのはだいたい50人位が適正規模なんです。そこに、その時は百人来ました。百人いたら、受け入れ側は。これは大パニックになるに違いないと思った…

【湧】人間の自然能力No15

今村 その音で体の開く部分、あるいは体の開き方が違うという視点から見た時、先程のアイウエオとつながる体という話でもありましたけど、それを知った時初めて、僕は五重の塔の意味、どうしてあの姿をしているのかということがわかったような気がしました。…

【紅露工房便り】夏休み ~西表島(いりおもてじま)より~

こんにちは。 夏休み只中、こども向けのワークショップが数回開催されました。 ヒルギ(マングローブ)や藍で絞り染めをします。 悩みながらやる子、勢いよく仕上げる子、時間をかけてこだわる子、、皆それぞれに自由な発想で作品作りに取り組んでいました。…

【湧】スプーン一杯の砂糖

季節の移り変わりは速い。ついこの間まで暑いと思っていたのに、朝晩寒いと感じるようになった。もう少し楽しみたいと思っていた金木犀の香りもいつの間にか消えてしまっている。 あの騒動をもたらした黒蟻達は冬籠りの準備が整ったのか、もう一匹も姿を現さ…

【湧】人間の自然能力No14

竹居 野口先生の言葉で言うと、感受性と感覚とは別。感覚は肉感的なものであ、感受性は生命的なものであり、気の世界のものである。自分の感覚で動かないで、自分の感受性で勣いていく、ということですね。 感受性が高まるというのはどういうことかと申しま…

【湧】人間の自然能力No13

永沢 今の左右型にしても、野口先生の本を読んでいるだけだと、下手すると分類している感じに読めてしまいます。体癖を受容したうえで、それに支配されるのではないようなことができるようになることなんだろうと思うのですけれど、なかなかそういうふうには…

【湧】リトアニア

先頃、熱気球の仲間に招待されてソ連邦のリトアニアに行き、首都ビリニウスの空を数日間飛行した。参加者はヨーロッパ、アメリカから十三ケ国・三十機で百名のクルーであった。この国の民族独立運動が、ペレストロイカで一気に盛り上がったところで、外国人…

【湧】人間の自然能力No12

永沢 それは、どういうことですか。竹居 音楽の世界でいうところの半音、正音です。宇宙には波がありますか。それは音に表すことができます。その波の中に半音の波と正音の波があるわけです。そして、発声する音の波と体の場所が、つながっているんですね。…

【湧】人間の自然能力No11

竹居 例えば、「あの窓閉めておいてね」と言って出掛けるとします。帰ってみたら窓が閉まっていなくて怒るという時、相手が「うん、閉める」と言う、こちらの言うことをきちんと受け取ったという感じを確認していなければ、そんなこと言わなかった、聞かなか…

【湧】人間の自然能力No10

家村 この間。竹居先生のワークショップで、何かが来た時に抵抗するのではなく迎え入れるということを話されてましたよね。今のように子どもという別の生き物が体の中にいるという状態。それ自体がものすごく、迎え入れることをしていると感じます。そのこと…

【湧】人間の自然能力No9

「人間の自然能力」と題し、特に体に焦点を当てて考えてみました。既成の概念に最も左右されがちな意識から解放された体と、直に向き合うことの体験をご紹介していきます。 〈出席者〉竹居昌子 永沢哲 今村有策 家村佳代子 増田正雄本誌 竹居 そんなことない…

【湧】人間の自然能力No8

「人間の自然能力」と題し、特に体に焦点を当てて考えてみました。既成の概念に最も左右されがちな意識から解放された体と、直に向き合うことの体験をご紹介していきます。 〈出席者〉竹居昌子 永沢哲 今村有策 家村佳代子 増田正雄本誌 永沢 今のお話との関…

【湧】禁煙列車

この六月十五日から東海道本線の全線全車両が禁煙車となった。たばこ嫌いな私は、これまで禁煙車両が増えるたびに幸せの空間が広がったと喜んでいた。実は私は幼少の時、気管支炎を患ったことがあり、そのためか平生はなんでもないのに、油断してたばこの充…

【湧】人間の自然能力No7

竹居 結局文化というものは、人聞かやりやすいようにとか楽なようにといつもそういう方向で発達しているわけですよね。それが生命という視点から考えると、かなりマイナスになっているのです。今村 そうですね。先ほど最も住みにくい家ということを言われま…

【湧】人間の自然能力_No6

社会の通念や価値観、知識や情報によってがんじがらめになり、自然な自分を取り戻すことによってしか、人間の再生、地球の再生はあり得ない。 「人間の自然能力」と題し、特に体に焦点を当てて考えてみました。既成の概念に最も左右されがちな意識から解放さ…

【湧】女人国

学生の街頭デモや路上集会が盛んになり、無気味な胎動を始めた北京で、写真家の王琦さんから珍しい少数民族の話を聞いた。 中国の雲南省と四川省の山深い省境に沪沽湖という湖がある。歩いて一周するとまる二日かかるという。風光明媚なこの地には湖を囲むよ…

【湧】人間の自然能力_No6

社会の通念や価値観、知識や情報によってがんじがらめになり、自然な自分を取り戻すことによってしか、人間の再生、地球の再生はあり得ない。 「人間の自然能力」と題し、特に体に焦点を当てて考えてみました。既成の概念に最も左右されがちな意識から解放さ…

【湧】人間の自然能力_No5

社会の通念や価値観、知識や情報によってがんじがらめになり、自然な自分を取り戻すことによってしか、人間の再生、地球の再生はあり得ない。 「人間の自然能力」と題し、特に体に焦点を当てて考えてみました。既成の概念に最も左右されがちな意識から解放さ…

【湧】薫風にのって

江の島の海を色とりどりのウィンドサーフィンが埋めはじめた。本格的にはやりはじめてから十年そこそこである。今では中国の天津の河でも、ペルーのパラカス海岸でもやっている。 かなり以前の話であるが、沖縄の珊瑚の海で波をきってみごとなセーリングをし…

【湧】人間の自然能力_No4

社会の通念や価値観、知識や情報によってがんじがらめになり、自然な自分を取り戻すことによってしか、人間の再生、地球の再生はあり得ない。 「人間の自然能力」と題し、特に体に焦点を当てて考えてみました。既成の概念に最も左右されがちな意識から解放さ…

【湧】人間の自然能力_No3

”自分”なるものがいかに社会の通念や価値観、知識や情報によってがんじがらめになっているかということ、そしてそこから自由になった本来の自然な自分を取り戻すことによってしか、人間の再生、地球の再生はあり得ないのではないかということでした。 「湧」…

【湧】生命力

一本のトマトの苗に、果実を二万個も実らせたという水気耕栽培の実験農場を見学した。ここを主宰する野澤重雄氏に直接お話をうかがうことができた。 まず土は、多種類にわたる病原菌など、植物の成長にマイナスになる要素を持っているのでいっさい使わない。…

【湧】人間の自然能力_No2

”自分”なるものがいかに社会の通念や価値観、知識や情報によってがんじがらめになっているかということ、そしてそこから自由になった本来の自然な自分を取り戻すことによってしか、人間の再生、地球の再生はあり得ないのではないかということでした。 「湧」…

【湧】人間の自然能力_No1

この一年、”自分発”をテーマに、食、身体、環境、教育などの問題を考えてきました。そこで常に立ち返らなければならなかっだのは、その”自分”なるものがいかに社会の通念や価値観、知識や情報によってがんじがらめになっているかということ、そしてそこから…

【湧】春の畑

春一番が吹いていろ。私はこの風が吹くと、古い友人の瀬戸さんの畑に行きたくなる。 瀬戸さんの畑は箱根外輪山の東山麓にあって、二反歩余りの緩急斜面では一面のラジノクローバーの緑のキャンパスに、菜の花、すみれ、たんぽぽ、ほとけのざ、だいこんの花、…

【湧】砂漠に種子を蒔く

自然農法の提唱者である福岡正信さんがこのたび砂漠を緑にする種蒔き指導者として、インド政府から招かれた。福岡さんは「その土地に緑が育つかどうかは人間が決めるのではなく、種自身が決めるのだから、ただ種を蒔けばいいのです」と言う。 氏は四十年以上…

【湧】ネイティブ・ピープル

アメリカのアリゾナ州には、古くからナバホやホピと呼ばれる部族が生活を営んでいる。近ごろ心ある人は、このような部族の人々をネイティブ・ピープルと呼び、人類の未来にとって大切な存在であるという認識を深くしている。 私は、この部族の地の広い草原や…

【湧】創造的贈り物

メアリーはクリスマスが近づいたので、友だちのスージーに何を贈ろうかと悩んでいた。だってスージーは欲しいものは何でも持っているんだから。そこでメアリーはアフリカの難民にスージーの名前で豚を一頭送ることを思いついた。このアイディアはたちまちブ…

【湧】自然を守る道

山梨県の三ツ峠は優美な富士山を眺められる絶好の場所である。そこで古くから山小屋を営む中村璋さんは、自然に対する独特の愛情の持ち主であると聞いて訪ねた。そして中村さんが撮った山の草花のスライドをたくさん見せてもらいながら、大変ショッキングな…

【湧】北京の哲学者

北京で三人の哲学者と楽しい懇談のひとときをもつことができた。日本の文化に多大な影響を与えてきた中国五千年の文化の一つの頂点として、老子の思想をできるだけ純粋な形で学びたいという長年の念願の第一歩がかなえられた。 この哲学者たちは、とくに老子…