地湧社『湧』<blog magazine>

地湧社の読み物、情報を発信するWebマガジン

【湧】人間の自然能力No12

f:id:jiyusha:20190811215608j:plain

永沢  それは、どういうことですか。
竹居  音楽の世界でいうところの半音、正音です。宇宙には波がありますか。それは音に表すことができます。その波の中に半音の波と正音の波があるわけです。そして、発声する音の波と体の場所が、つながっているんですね。そうすると、母音のアイウエオは、それぞれ腰椎の五つ。五本の指につながっています。さらに言えば、五つの天体ともつなかっていると私は思っています。
 例えば、野口先生が言っておられる「太陽に向かって吸気せよ」という朝の吸気は、やってみれば丹田に入るとわかります。月を見ていると、眉間が開いてきて鳩尾(みぞおち)が緩んできます。そうするとその腰椎とつなかっている指はどれというのが自ずと出てきます。地球の気は冲。ですから地球の気を受けると大地に足がついて軸が立つのです。そんな風に自分の体で試してみれば、わかってくることなのです。
永沢  先程宇宙のリズムとあっしやいましたが、野口先生の本の中では、生命の波というのが大きなテーマだったのではないかと思います。波と言った時に、気の波、水、体の波などというものが何重にもなっていて、その関係を脈で診るということがあるように思うのですが、その考え方の背景にな’つていることについて伺いたいのですか。
竹居  水の波というのは。脈。具体的に体で言えば、それは時間的身体と関わっています。気の波は、空間的な身体と関わっています。
 一息四脈と言いますが、一息の息の方は気の波、四脈の方が水の波です。その一対四は、生命の不文律と言っていいと思います。そうすると一年の四季、十二ヵ月、一ヵ月の週の数など、ぴったりではないにしてもほとんど四で割り切れるでしょう。引き潮も満ち潮も一日にだいたい四回、それぞれ二回ずつ来ると言います。一対四が気と水の波の割合だと思えば、基準としてはよいのではないでしょうか。
 脈には。打つ脈と引く脈があって、ドッキンドッキンのドにアクセントかおるのが打つ脈で、キンにアクセントがあると引く脈です。脈は本当に月の満ち欠けと潮の満ち引きと一緒に動いているんですよ。
 その打つと引くの間に聞がある、その間で空間的身体か出てきます。宇宙の流れ、リズムにうまく乗っていない時には、体のどこかに杢調和が出てくる。その時にこの間、空間的身体で調整するのです。ということは、外路系の問題になるのです。
 その不調和は、体癖、もって生まれた体の癖によって、呼吸器に出たり肝臓に出たりと違います。呼吸器の病気になりたくてもなれない体があるのです。そしてその体癖を超えれば、何があっても調和が取れるようになると言います。体癖を乗り超えたところで人間は自然になれるんですね。癖があるのが自然ではなくて、恐らく、それを超えることができて初めて個性が出てくるわけですね。体癖的な動きをしている間はそれは個性ではないんです。
 よく。あの絵かきはたいしたものだけれど癖がある、でもそれが個性だと言いますが、私はそれは間違いだと思います。体癖を超えてこそ、個性が出るのですが、そこまでの大というのは、それこそ一世紀に何大もいない天才ですよね。たいていは体癖がその人の特徴、個性だと思ってそこに甘んじてしまっています。ですから体癖を超えるということは、人間の理想と言えると思います。
 野口整体で言う体癖には左右型というのがありまして、それには右と左が違うという特徴があります。でも感受性がそれを乗り超えるだけのきめ細やかさをもっていれば、左と右が廚っていなくてもいいのです。その癖を乗り越えるというのは、揃っていないものを揃えるというよりは、全部を使うことでできるのではないでしょうか。
(1997年11,12月号「湧」再掲)


【湧】人間の自然能力No11

f:id:jiyusha:20190809231817j:plain

竹居  例えば、「あの窓閉めておいてね」と言って出掛けるとします。帰ってみたら窓が閉まっていなくて怒るという時、相手が「うん、閉める」と言う、こちらの言うことをきちんと受け取ったという感じを確認していなければ、そんなこと言わなかった、聞かなかったとなってしまいます。
 最終的に突き詰めていくと。「見る」というレベルなのです。実際にそこに目をやっていなくても、私の言う「見る」レベルでは、その大は相手の中身の情緒の変化まで見られるようになるのです。遠くに離れていても、ある人の状態がわかるのを皆さん気のせいにしてますけど、本当は見ているのですよ。
 そして、それだけ見るレベルを自分の中で上げていきますと、見えないものが見えてきます。はじめは、見えないものが見えなく見えてきます。その次には見えない状態が見えて見えてくる。
増田  見えるというのは、どういうことですか。
竹居  一番やりやすいのは、足の指か五本全部見えているかどうかです。たいてい薬指や小指が消えてしまっていたり、あるいは上側は見えるけど下側は見えないとかあって、最初から全部見えている人はなかなかいません。そうしましたら、見えない部分を、それが全部見えてくるまでじっと見ているのです。そうするとわかってくるはずです。

 実際に自分の体の見えないところを目をつぶって探すというだけで集中してくるのです。何かをじっと見るということは、生きることの基本です。それなのに気が抜けてしまって、見ていないのです。

見ていなくても、自分の足で歩いていなくても、かりそめに体を動かしているつもりだけで生きられるような世の中ですからね。このような能力というのは、余計なものをふるい落としていけば皆さんにあるんですよ。

 整体協会の稽古場では訓練として、和紙を破らないようにしてその上を能のすり足で歩くことをするのです。足を浮かさないで滑らせるようにして、五時間くらいやると汗びっしょりです。さらには、和紙の上で寝たり起きたり、ほとんど猿飛佐助の世界です。そうやって集中力を養うのです。その時、体が消えているんです。消えるということは、全部見えた後で消える、本当に存在感のある存在から、それが無になる。我を超えるということですね。
永沢  その場合、消えかかっていて残っているという時は、どうするのですか。
竹居  見えなかったところが残るんです。
永沢  ええ、その残るところ、つっかえているところの処理は、どうするのですか。
竹居  全部の中でそこが見えない場所です。他が消えた時に、見えないところが出てくる。それは、あなたはそこを見なさいということですから、そこをじっと見ていればいいんです。そうすると消えていきます。消す技法はあるのですけれど、私はそれは邪道だと思います。技法を使ったら何にもならないですもの。
永沢  判断しないで見ているだけですね。

竹居  その見るレベルが上かっていけば消えていくんです。ですから、それを目安にすれば、自分の見るレベルは浅いのだとか、識別の世界で見ているのだとかがわかります。だんだんレベルが上かって集中度か高まっていくと消えていきますから。
永沢  開い气流れてくるということですね。
竹居  自分の中のこわばっているところとか、止まっているところとかが、うまく宇宙のリズムの流れに乗ってくるということです。

 体の中には時間的身体と空間的身体があります。時間というのは、脈を打っています。生命というのは、一刻も止まることなく流れている。それは宇宙と同じです。その時間的身体と空間的身体があるわけです。その両方が一緒になってはじめて、身体というものになるのであって、どちらか片方ではいけないのです。識別の世界も識別しない世界も一緒にみんな備わっていて、それかうまくバランスを取っていれば、いつも即興的に使い分けることができる。けれど片方に働きが倔ってしまうと、例えばモノ人間になっでしまうのです。

 そして身体の中でここは時間的身体、ここは空間的身体とか部分的にあるのです。それが例えば時間的身体のところが空間的身体になってしまっているのを調整して、時間的身体に直していくと、宇宙の流れに乗っていって、自分の体を自分で調整できるようになるわけです。
 私が個人指導しております潜在意識教育というのは、宇宙のリズムに合う状態になるように手を貸すことによって。その人が自分の力で変えていけるようにするのです。ただ、ここが外れていますよと、体に一度、教えるのですね。一回ではすぐに直るということはないのですけれど、これを月に一回、一年くらい続けて教えていく气体が覚えて、ずれてくると体の方が自分で勝手に変えられるようになってくるんです。まさに潜在意識、意識できないところでの変化です。
 そしてその調整ができるのが、半音の世界。正音になってしまうと調整できません。

(湧1997年11月・12月号再掲)HeungSoonによるPixabayからの画像