『湧』<blog magazine> nishitakesi

読み物、情報を発信するWebマガジン

【湧】人間の自然能力No18

f:id:jiyusha:20190831172606j:plain

竹居  栄養学というのが入っていると恐ろしいですね。栄養が足りないと思っただけで死にますよ。
 私は二年間2日に1回小さな煎餅を喘っているだけで生きていました。水は飲みましだけれど。食べたくないのです。その時期に食べていたら、私はたぶん脳がだめになっていたと思います。それで一日20時間動きっぱなしで、危ないなと思うとスケジュールをもっと苛酷にもっとぎりぎりに増やしました。それで生き延びたという実証を自分の体でしていますから。食べたくないなら食べなくても大丈夫ですと平気で言える。
 それを、食べなかったら死ぬと患うと死んでしまうのです。食わないと食えないは大違いで、食わないは死なないけれど、食えないとなったら死にますよ。それで動ていく命の儚さもあるわけです。喉が渇いたられたらツバを飲め、トイレがなかったら汗にしろ、塩気がなくなれば自分をなめろ、と先生がおっしゃっています。そう思うと本当に汗が出るのです。喘息で苦しい人には息するなと言います。鼻と囗を本当につまんでしまう。そうすると体の中が呼吸し始めますから。いよいよ苦しいという時にちょっと離して、その時に吐いてくる人は早く治るのです。その時に吸う人は、空気を吸わなければ死ぬという観念が入っていますから、時間がかかります。
 疑わないで、いろいろなことを考えないで、知識に惑わされないでいると、結構生き延びるものです。そのためには、いろいろなものを落としていかなければならないと思いますね。(完)
(1997年11,12月号「湧」再掲)

【紅露工房便り】最終回 ~西表島より~

こんにちは。

 

気づけば夏のピークも過ぎ、朝夕はだいぶ過ごしやすくなりました。なんだか急に陽も短くなったように感じ夏の終わりが近づいていることを実感しています。

 

まだまだ残暑は続きそうですが、そんな中工房では何度か準備過程を紹介している布を織り進めています。

 

f:id:jiyusha:20190829215342j:plain

 

均等に張った絹の経糸に、芭蕉の緯糸を織り込んでいます。

使用している芭蕉糸は工房で作ったもの。糸は芭蕉の幹から取りますが、幹の内側と外側でも取れる糸の質が違い、今回の布は何種類かの太さを交えてランダムにしています。

糸が切れたり絡まることもありますが、どんなに細い糸も作る過程を想うとどうしてもいとしさが湧いて来て、大切に丁寧に扱わざるおえません。

 

f:id:jiyusha:20190829215418j:plain

 

完成までもう少し、コツコツ織る毎日が続きそうです。

 

  

さて、突然ではありますが、地湧社ブログ内での紅露工房便りは今回の第20回目を持ちまして終了となります。

引き続き、紅露工房の様子はFacebookページ投稿にてご覧いただけますのでご興味ある方はぜひ覗いてみてください。

https://www.facebook.com/kuurukoubou/

 

5ヶ月間のご愛読、ありがとうございました!