地湧社『湧』<blog magazine>

地湧社の読み物、情報を発信するWebマガジン

【チベット:永沢哲】No1_自然なプロセスに内在する智慧 ~生命にきっちり依拠できれば他には何もいらない~

チベット仏教が伝承する覚醒の道を説いた『ソクチェンの教え』(ナムカイーノル
ブ著)の訳者、永沢哲さんがチベット仏教に出会ったのは、実は野口瓏似氏が創始
した野口整体からのつながりであったということです。近況をかねてその辺りのお
話を伺っていたら、永沢さんの中を貫く一筋の流れが見えてきました。

 

f:id:jiyusha:20190526110942j:plain

生命にきっちり依拠できれば他には何もいらない

 現在の僕のテーマは「自然」ということです。人間の中に本来最初からあるも
の、それはクオと呼んでもいいんだけど、もともとある自然から離れないで生きて
いくこと、その中に智慧があるわけです。サンスクリット語でプラジュナと言いま
すか。日本語では自然智という言葉があります。
 仏教というのは基本的に無我を説いていますが。仏教で言う我執というのは近
代的な心理学が考えている範囲のエゴとか自我をはるかに超えているものを指し
ています。今の心理学が考えている潜在意識も無意識も全部含んでいる。それに
対する執着を解き放つことか仏教の修行の意味です。そのためには無意識のもの
がはっきり意識化される必要が出てくるわけです。フロイトがあざやかに示した
ように、無意識には意識によって抑え込まれた感情や記憶のエネルギーがストッ
クされていて。それがずっと人に影響を及ぼしつづけています。それを執着とい
う言葉で仏教は考えてきた。そこから解放されるとともにナチュラルな智慧が発
現してくる。
 僕は仏教をとても広く考えていて、釈迦牟尼仏陀が説いた教えももちろん仏教
だし、それ以降発展した大乗仏教も密教も法華経も仏教だと思うけど、さらにも
っと広いものだととらえています。智慧というか、たえず運動している叡知のマ
トリックスみたいなものかあって、それが時代のあり方によって表現の形が変わ
って現われてくるだけではないか。仏教と呼ばれているかどうかは問題ではない
と思っているのです。
 僕はチベット仏教の勉強を始める前に、野口整体をやっていました。たまたまユ
ングの勉強会で知り合った人に紹介されて、おもしろそうだからとやってみたら、
すっかりはまってしまった。やっているうちに、自分の体験していることかどう
いうことなのか、どうしてもわからないことがいろいろ出てきて調べていたとこ
ろ、それをいちばんよく説明できるものがチベット仏教のゾクチェンだったので
す。ベースになるのは同じ心の状態ですか、チベット仏教はそれを扱っていくう
えでのぶあつい方法の蓄積をもっています。
 野口晴哉という人を僕は非常にえらい人だと思っています。ある種の天使性を
持っていた人だと。野口整体は形としては整体という名前がついているけど、こ
れも僕にとっては仏教で、ナチュラルな智慧、自然智の方向からのアプローチだ
と思います。
 野口晴哉がそういう仕事を本格的に始めようと思ったきっかけは関東大震災でした。近代的な装備といったものが全部崩壊していったときに何か残るかというと、生物、生命としての人間です。そこにきっちり依拠することができれば他はいらない。そういうことを最初から考えていた人です。関東大震災の体験から出発してほぼ五十年以上にわたって、そのスタンスは変わりませんでした。戦時中はファシズムに抵抗したし、戦後になってからはGHQに抵抗した。
 何がそれを可能にしたかというと。彼の中の自然智、これを野口晴哉は天心と呼んでいますが、それに対する無条件の信頼だったと思います。僕らにとっていまそれがとても大事になっていて、ようやく時代が野囗晴哉に追いつくようになっだのではないか。近代的な装備や医学を否定する必要は全然ないんだけども、それがどこまで人間を幸せにするか。というかどこまで使えるものであるかということが問われてきている時代になっていると思うのです。
(月刊「湧」1997年3月号再掲 )Sasin TipchaiによるPixabayからの画像

 

【続】

 心の解放につながる身体の動き

 身体構造の違いは発想の違いにも現れる

自分を使いきって死ぬ

植物昏睡状態の人とのコミュニケーション

コミュニケーションのプロセス

 

【湧】青い目の密教僧

~何事も体当たり、でもムービーとフィルムが違うとは~

f:id:jiyusha:20190524202324j:plain

 長い歴史の中で女性を遠ざけてきた真言密教の本山高野山で、外国女性としては初めての尼僧が誕生した。スーザン・ノーブル・タナカさんが高野山尼僧修道院に入学したのは一年前である。連日朝二時から夜九時に及ぶ百日行など、その修行内容は相当厳しいものであったらしい。アメリカという論理社会に生きていた彼女にとって、耐え難い問答無用の劇的場面もあったという。それでも落伍せずに卒業して、案じていた私達の前に元気な姿をみせてくれた。
 スーザンさんは、自然豊かなオレゴン州に生まれ、敬虔なカトリック教徒の両親の下で育ち、地元のポートランド大学で歴史を学んだ後、ニューヨーク大学で映画評論を専攻する。その中で小津安二郎の日本映画に出会い日本の文化に深い関心を抱くようになる。その後日本の国際基督教大学に留学し、勉学の傍ら座禅を通じて仏教の世界を知る。帰米後今度は真言密教に縁を結ぶ。こうして日本の文化に触れて僅か十年足らずのうちに、日本文化の深部まで体当たりで入りこんだ。
 どちらかというと寡黙なスーザンさんは、映画の話になると熱弁家になる。「ムービーとフィルムの違いわかりますか?ハリウッドなどで作られる商業主義の作品はムービー、人々の生活の真実を描く芸術作品がフィルム、両者は本質的に違うんです」と彼女は言う。
 このフィルムに夢を描く生活感覚は彼女の宗教生活に如実にあらわれている。いま、アメリカのバーモント州には九万坪の農地をもつ道場が彼女の帰りを待っており、宗門の守りの仏教から、庶民の日常生活にとけこむ仏教へと彼女は自らの実践で示そうとしている。 (MM)(月刊「湧」1988年4月号再掲)